安心の弁護士費用

焼津総合法律事務所のごあんない

焼津市・牧之原市の弁護士焼津市・牧之原市の弁護士

弁護士費用につきましては、事前にわかりやすく明確にご案内しております。ご不明な点などにつきましてはお気軽にお問い合わせください。

無料法律相談

焼津総合法律事務所の弁護士と法律相談の様子

費用はわかりやすくご案内します

法律問題でお困りの方が少しでも気軽にご相談して頂けるよう、焼津総合法律事務所では交通事故と債務整理に関する無料法律相談を実施しております。

ご相談においては弁護士が直接、しっかりとお話を伺います。そして事件の解決に向けて、その道筋をわかりやすくご説明いたします。法律相談をしたら、その事件を必ず依頼しなければならない、という事はございません。ご相談して頂くだけでも、解決の糸口が見つかり、問題が解決するということもございます。ご相談だけでも構いませんので、是非お気軽に焼津総合法律事務所の無料法律相談をご利用ください。無料法律相談について詳しくはこちらをご覧ください。

交通事故と債務整理の法律相談は無料となっております。それ以外の分野は30分5,000円(税抜)です。法律相談のご予約や焼津総合法律事務所へのお問い合わせは、お電話またはメールフォームにて承っております。

民事事件の弁護士費用

弁護士費用の目安

弁護士費用の目安は、以下の通りです(全て税抜額)。

① 着手金:事件等の対象となる経済的利益の額
経済的利益の額報酬割合
金300万円以下の場合8%
金300万円を超える場合金9万円及び経済的利益の5%に相当する額
② 報酬金:委任事務処理により確保した経済的利益の額
経済的利益の額報酬割合
金300万円以下の場合16%
金300万円を超える場合金18万円及び経済的利益の10%に相当する額

※最低着手金は20万円です。
※訴訟の場合は、審級ごとに定めます。
※なお、事件が極めて難解な場合、事務処理量が極めて多くなることが見込まれる場合等、事案の性質によって、増額する場合があります。
※弁護士費用特約に加入されている方は、原則弁護士費用のご負担無く弁護士に依頼できます。

分野ごとの費用のご案内

交通事故の弁護士費用

弁護士費用特約に入っていれば、弁護士費用はかからない

お客様もしくはご家族等が加入する自動車保険その他の保険契約で弁護士費用特約に入っている場合は、これを利用することで弁護士に依頼する費用を支払わなくてよくなります。弁護士は、保険会社に対し直接弁護士費用を請求しますので、お客様が費用を立て替える必要もありません。

弁護士費用特約を利用しても、保険料が上がったり、保険の等級が下がることもありませんので、安心して特約をご利用ください。

焼津総合法律事務所では交通事故の初回法律相談は無料です

焼津総合法律事務所では、交通事故に関する法律相談を初回無料で行っています。

事故の大小、物損事故・人身事故を問わず、交通事故に関する法律問題を取り扱っております。保険会社とのやりとりにストレスを感じている方、保険会社からの提示額が適正かを知りたい方などは、ぜひお気軽にご相談ください。

焼津総合法律事務所では、平日昼間だけでなく、平日の夜間や土日の相談も可能です。まずはお電話メールで法律相談の予約をお願いします。

離婚事件の弁護士費用

弁護士費用の目安

弁護士費用の目安は、以下の通りです(全て税抜額)。

着手金金30万円以上金50万円以下
報酬金金30万円以上金50万円以下

※ 財産的給付(財産分与、婚姻費用等)がある場合には民事事件の報酬金に準じます。

報酬金:委任事務処理により確保した経済的利益の額
経済的利益の額報酬割合
金300万円以下の場合16%
金300万円を超える場合金18万円及び経済的利益の10%に相当する額

債務整理・破産の弁護士費用

焼津総合法律事務所では債務整理・破産の初回相談は無料です

焼津総合法律事務所では、債務整理・破産に関する法律相談を初回無料で行っています

毎月の債権者への支払いに苦しんでいる方、債務整理・個人破産・会社破産・個人再生などについて知りたい方などは、一人で悩まずにお気軽にご相談ください。あなたに最適な方法を一緒に考えましょう。

焼津総合法律事務所では、平日昼間だけでなく、平日の夜間や土日の相談も可能です。まずはお電話メールで法律相談の予約をお願いします

各事件別の弁護士費用の目安

任意整理

任意整理の場合、債権者数・事案に応じて手数料1社あたり3~5万円(税別)です。これ以外に、実費(債権者宛に送る郵便代など)が別途かかります。

弁護士費用は、ご相談者様の経済的状況に応じて分割払いも可能です。ただし、実際に債権者との間で債務整理の交渉を行うのは、弁護士費用の積立が完了した後になります。その場合でも、受任通知は(費用を頂く前でも)委任契約後速やかに債権者に送付いたしますので、債権者からの支払督促は止まります。ご安心ください。

なお、債権者に対する過払金が発生する場合には、上記手数料とは別途、弁護士が債権者から回収した金額から一部報酬金を頂くことになります。

自己破産

個人破産の場合、原則として着手金30万円(税別)です(ただし、個人事業主等事案が複雑な場合はこれ以上の費用がかかる場合があります)。報酬金はありません。

また、裁判所に納める実費(収入印紙、郵券代や破産管財人の報酬等)が別途かかります。管財事件の場合は、管財人の報酬分を裁判所に納めなければならず、20万円以上かかります(同時廃止事件の場合は管財人の報酬分は不要です)。このあたりは、お客様の状況で異なりますので、相談時にご説明いたします

弁護士費用は、ご相談者様の経済的状況に応じて分割払いも可能です。ただし、実際に裁判所に対し破産申立を行うのは、弁護士費用の積立が完了した後になります。その場合でも、受任通知は(費用を頂く前でも)委任契約後速やかに債権者に送付いたしますので、債権者からの支払督促は止まります。ご安心ください。

個人再生

個人再生の場合、債権者数・事案(住宅資金特別条項の有無等)に応じて着手金50万円~(税別)です。報酬金はありません。

また、着手金以外に裁判所に納める実費(収入印紙、郵券代等)が別途かかります。詳細は、ご相談時にご説明いたします。

なお、弁護士費用は、ご相談者様の経済的状況に応じて分割払いも可能です。ただし、実際に裁判所に対し申立を行うのは、弁護士費用の積立が完了した後になります。その場合でも、受任通知は(費用を頂く前でも)委任契約後速やかに債権者に送付いたしますので、債権者からの支払督促は止まります。ご安心ください。

会社破産

会社破産の場合、債権者数・負債額に応じて着手金50万円~(税別)です。具体的な金額は会社の規模等によって異なるため、相談時にご説明いたします。報酬金はありません。

また、着手金以外に裁判所に納める実費として(収入印紙、郵券代や破産管財人の報酬等)別途20万円以上かかります。このあたりも、会社の負債状況等で金額が異なりますので、相談時にご説明いたします。

これらの費用は、会社に入金済みの売掛金又は今後入金予定の売掛金から捻出して頂くことが可能です。税務署等に売掛金を差し押さえられてしまうと、弁護士費用に利用することができなくなってしまうので、そうなる前に早急にご相談ください。

なお、弁護士費用は、ご相談者様の経済的状況に応じて分割払いも可能です。ただし、実際に裁判所に対し破産申立を行うのは、弁護士費用の積立が完了した後になります。その場合でも、受任通知は(費用を頂く前でも)委任契約後速やかに債権者に送付いたしますので、債権者からの支払督促は止まります。ご安心ください。

遺産相続の弁護士費用

弁護士費用の目安

弁護士費用の目安は、以下の通りです(全て税抜額)。

① 着手金
経済的利益の額報酬割合
金300万円以下の場合金30万円
金300万円を超える場合金24万円及び経済的利益の2%に相当する額
② 報酬金
経済的利益の額報酬割合
金300万円以下の場合金60万円
金300万円を超える場合金48万円及び経済的利益の4%に相当する額

※ 遺言作成費用、遺言執行費用等その他事件類型についてはお問い合わせください。

刑事事件の弁護士費用

弁護士費用の目安

弁護士費用の目安は、以下の通りです(全て税抜額)。

① 起訴前弁護活動(捜査弁護)の報酬

逮捕された後、起訴または不起訴などの処分が行われるまでの弁護活動に要する費用です。逮捕から起訴その他の処分が行われるまで、身体拘束期間中に必要なすべての弁護活動を行います。

ⅰ. 初回接見費用 3万円

※ 正式に依頼する前に弁護士に接見に行ってほしい場合にかかる費用です。
※ 正式に事件を依頼された場合には下記の着手金に充当されるため、お支払い頂く必要はありません。

ⅱ. 着手金
事案簡明な自白事件35万円
通常の事件50万円

※ 「事案簡明な事件」とは、事件の複雑さ、困難さ又は繁雑さが予想されず、委任事務処理に特段の労力又は時間を要しないと見込まれる事件をいいます。例えば、起訴前については事実関係に争いがないと見込まれる情状事件、起訴後については公判開廷数が2ないし3開廷程度と見込まれる情状事件をいいます。
※ 再逮捕・再勾留された場合、上記事件類型に応じた追加着手金をいただきます。ただし、追加着手金の額は事案に応じて適正妥当な範囲で減額することがあります。

ⅲ. 報酬金
不起訴30万円
略式請求20万円
早期釈放(勾留却下又は準抗告認容)15万円

※ 在宅事件(逮捕などの身柄拘束をされていない事件)であっても、基本的には上記にしたがって弁護士費用を算定いたします。

② 起訴後弁護活動の報酬

起訴された後、裁判に向けた弁護活動を行う際の着手金及び報酬金です。

起訴前から受任し、起訴後も引き続き受任する場合には別途下記の費用がかかります。

ⅰ. 着手金
事案簡明な自白事件30万円
通常の自白事件50万円
否認事件50万円~100万円

※ 追起訴された場合、上記事件類型に応じた追加着手金をいただきます。ただし、追加着手金の額は事案に応じて適正妥当な範囲で減額することがあります。
※ 起訴後4ヶ月を経過した場合、起訴後5ヶ月目から1ヶ月あたり10万円の追加着手金をいただくことがあります。

ⅱ. 保釈に向けた活動
着手金無料
保釈許可の報酬金5万円~50万円
ⅲ. 報酬金
無罪になったとき50万円~300万円
執行猶予になったとき30万円~100万円
減軽(求刑の7割以下の判決になったとき)10万円~50万円

※ 報酬金は上記金額を基本額として、事件の経緯、共犯者の有無、立証の難易等を考慮して決定します。
※ 殺人等の重大事件の場合や特別背任等の大規模経済事件の場合は、上記金額から報酬金を増額させて頂くことがあります。

Contact

交通事故・債務整理でお困りの方は弁護士に無料で相談できます

焼津総合法律事務所では、交通事故・債務整理でお困りの方は、無料法律相談がご利用いただけます。無料法律相談だけで依頼されなくても構いません。その他の分野でも30分5,000円(税抜)でご相談いただけます。お困りの際はお気軽にご連絡ください。

焼津市・牧之原市の弁護士

焼津市・牧之原市の弁護士

Office

焼津総合法律事務所のごあんない

焼津オフィス

  • 住所
    〒425-0028
    静岡県焼津市駅北 3-11-4
  • 連絡先
    054-639-5573
  • 営業時間
    月~金 09:00 - 19:00 / 土日 09:00 - 17:00 / 定休日:祝日
  • 交通
    アクセス
    焼津駅から徒歩 6 分 / 駐車場あり

焼津市の弁護士事務所

焼津オフィスの法律相談室の様子

牧之原オフィス

  • 住所
    〒421-0422
    静岡県牧之原市静波140-4 メゾン・ド・ホートク1階
  • 連絡先
    0548-28-6710
  • 営業時間
    月~金 09:00-19:00 / 土日 09:00 - 17:00 / 定休日:祝日
  • 交通
    アクセス
    静波一丁目(バス停)から徒歩 4 分 / 駐車場あり

牧之原市の弁護士事務所

牧之原オフィスの法律相談室の様子

Flow

無料法律相談の流れ

01

弁護士との無料法律相談の予約

無料法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。無料法律相談だけで依頼されなくても全く問題ありません。お困りの際は、まずはお気軽にご相談に起こしください。

02

弁護士と無料法律相談

弁護士と無料法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際は内容をまとめたメモや資料をお持ちになるとスムーズです。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

03

弁護士に依頼したい場合

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の費用や見通しについてもご説明いたします。その上でご希望の場合はご依頼ください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

法律相談のご予約/
お問い合わせ